男性が女性と遊ぶ店はいろいろなお店があります。

そして一昔前は風俗のお店やキャバクラのお店があげられましたが、現在においてはそれ以外にもたくさんあり、その中の一つにメイドエステがあります。
このお店はお店の女性がメイド服を着ながら、男性のお客さんに対して接客をしてくれるお店で、男性にとってはメイドの服を着た女性を見るだけで幸せな気分になることができるので、現在多くの男性から利用されています。
そして大阪日本橋にあるメイドエステは毎日多くの男性のお客さんでいっぱいになっています。なぜなら大阪日本橋にはいろいろな学校があり、メイド服を着ている若い女性が好みの学生がたくさん来るからです。
また大阪マッサージメイドは女子大生や専門学生などの若い女性がたくさんバイトをしていて、時給もかなりいいので、多くの女性がこのお店の出しているバイト求人に応募します。
そのためこのお店で働くためには常にいろいろなバイト求人雑誌やサイトでこのお店のバイト求人が出るからどうかチェックする必要があり、もし出たらすぐに応募する必要があります。
このように男性からも女性からもこのお店は需要があるので、今後もどんどん発展していくことでしょう。

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

大阪のコンパニオンを支える男子求人

大阪のキャバクラ店では、男性も働くことができます。大阪コンパニオン求人だけではありません。
男性スタッフも求人募集していることがあるのです。
キャバクラ店の男性スタッフですが、ボーイや黒服といったものです。
お客様を席にエスコートしたりするような仕事となります。
さらに、お店のメニューなどを紹介したり、メニューを運んだりするような仕事を行うことになります。

キャバクラ店では完全に脇役的な存在になっているのですが、
黒服やボーイといった方たちは店舗やコンパニオンの縁の下の力持ちとなります。
なくてはならない存在としてお店からも重宝されることになります。

黒服やボーイの仕事で気をつけるべき事はいかにして、キャバクラ嬢の方が働きやすい環境を整えるのかということです。
お店の売り上げについては、キャバクラ嬢の方の能力にかなりかかってくる部分でもあります。
ですので、売り上げがしっかりと出せるような状況に持っていくことがどうしても必要になってくるわけです。

さらにお客様に店舗を気持ちよく利用していただくようなことも考えなければいけません。
お会計の時などもスムーズに済ませられるように対応できる必要があります。
クレジットカード決済も多いですので、そういった決済方法も覚えておくべきです。
さらに領収書の発行についても多いですので、そういった仕事も覚えなければいけません。

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

~梅田には性感エステの店がたくさん~ 

大阪には風俗店がたくさんあります。新大阪駅近くの十三や西中島。そしてミナミの方に行くと日本橋や谷町九丁目などです。また大阪キタの中心地、梅田にもたくさんの風俗店があります。ジャンルも様々で、ヘルス、SM、そして性感エステなどいろいろあります。

 梅田にも性感エステの店はたくさんあります。性感エステはヘルスのように、裸になったりハードなサービスがないのが特徴で、風俗の仕事に抵抗がある人でも始めやすい仕事です。梅田性感エステ求人は大阪の中心という事もあり、大変人気です。

 性感エステはまず最初に客のシャワーをアシストします。体を洗ったりタオルで拭いたりした後、普通のマッサージをします。性感エステの場合普通のマッサージもある程度できた方が、お客さんが付きやすくなります。

 普通のマッサージが終わった後は、最後の性感エステです。ハンドサービスでフィニッシュさせて終了です。性感エステの料金は安い店だと60分で10000円くらいからです。バック率は6~7割と言われているのでかなりの稼ぎになります。風俗店は働いている人の出入りが激しいので、求人もたくさんあります。自分に合っていると思う店を見つけて求人に応募してみてはどうでしょうか。梅田はターミナル駅で交通の便もとても良いので、働きやすいと思います。

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

梅田で昼キャバで働く

少し前に友達がキャバ嬢をしていました。

期間限定で働いていたのでもう辞めましたが、やはり給料がよくサックリと稼いだようです。

キャバクラって稼げるという意味では興味がありますが、適性があると思うので、容姿も派手でなく人見知りな自分には到底無理だなと思ってしまいます。

最近知ったのですが、キャバクラはキャバクラでも昼のキャバクラがあるらしいですね。

昼のと前置きがつくだけで随分明るい印象になるなと思ってしまいましたが、どうやら内容は夜とほぼ同じのようです。

何となく昼キャバ梅田の方が働きやすいイメージを持ってしまいますが、よく考えてみるとお客さんは、もちろんお仕事がお休みの方などもいるでしょうが、夜勤上がりの方や同じく水商売の夜のお仕事の方などが多いのかなと考えると、むしろ昼の方が難しそうだなと思ってしまいます。

特に同業者への営業は、日中働いていてキャバクラに通うサラリーマンにする営業よりも難しいものじゃないといけない気がします。

お酒も夜のように注文が入らないかもしれないので、素面の方を相手にすることも多いかもしれません。

酔っ払ったお客さんももちろん大変でしょうが、素面のお客さんも色々難しそうだなと思います。

あくまで想像の上でですが。

昼の方が時給は少ないことがほとんどだと思いますが、やはりお昼のキャバクラでも私には無理だろうなと改めて思いました。

キャバクラといっても場所によってそしてお店によって、お客さんの層もバラバラなんだろうなと思いますが、いつも思うのは同じ女性としてキャバ嬢の女性はすごいなと思います。

昼のキャバクラも大変そうですね。

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。